リフレクソロジー 資格

リフレクソロジーの資格のメリットとデメリット

リフレクソロジーのデメリットとメリットについてですが、必ずしもメリットだけではないようです。足の裏と体は繋がっていて刺激することで変化をもたらします。

ただうっかり間違った場所を刺激して悪い影響がないとも言えないからです。妊娠中の人は絶対に施術はできませんし、お酒を飲んだ後の人もいけません。リフレクソロジーの一番のデメリットは、すべての人に気軽に行えるわけではないことです。

 

ではメリットですが、心身ともにリラックス状態にさせることができることです。ストレスを抱えている人なら、緊張感をとくこともできるでしょう。体内に溜った老廃物を排出させる効果があるため、思っているようにダイエットが成功しない人は頑張っている成果がでる可能性があります。リフレクソロジーのメリットは、体質改善や人によりさまざまな効果が期待できることです。

 

合う合わないは個人によるため、施術を受ける際にはよく理解して受けるようにしないといけないでしょう。また技術力も人により違い、やはり上手な人とそうでない人がいるので、自分に合う人を見つけると良いでしょう。

リフレクソロジーとは?

リフレクソロジーとは女性中心に再注目され始めている足裏マッサージです。
リフレクソロジーは民間療法として、ストレス、冷え性、腰痛、肩こりなどの解消のために利用されています。日本よりもイギリス、アメリカなどでかなり大人気となっていますが日本でも体調不良の方が増えていることから、再び注目されています。

 

このリフレクソロジーの資格をとり、自宅で開業したり、エステで採用されたりと女性に人気の資格でもあります。特にこれから需要が見込める分野としても注目の資格でもあります。手に職をつけたい方にお勧めの資格の一つです。

 

 

リフレクソロジーの資格の取り方

リフレクソロジーは、国家資格ではありません民間認定資格になります。ですから、資格がなくても働くことも可能ですが、知識や技術を得るために資格を取る人がほとんどのようです。専門スクールに通って、理論と実技を習得して試験に合格すると資格を取ることができます。その後の就職も紹介してくれるようなスクールもあります。また、日本リフレクソロジー協会が認定する資格もあります。英国式リフレクソロジーになります。これは日本で広めるきっかけにもなったマキフジタスクールの独自のものです。スクールに通う以外にも、通信講座で資格を取る方法もあります。自宅で空いている時間で学習できるため、主婦などにも人気があります。自宅で独立開業する人も増えています。リフレクソロジーの資格の取り方で、働きながら習得する方法もあります。実務経験が同時に積めるため一石二鳥でもあります。どの方法が良いのかは、人それぞれだと思います。就職場所としては、専門サロンの他には、銭湯や病院などでも需要があります。リフレクソロジーの資格を生かせる場所はたくさんあります。