賞状書士とは

賞状書士とは?

普通の人であれば、人生の中で一度は賞状をもらったことがあると思います。卒業式等が一般的です。こういった賞状がどうやってつくられているのかということに関して疑問を持っている人も多いでしょう。この賞状に関して「手書き」のものをもらったことがあるという場合、「賞状書士」と呼ばれる人たちが製作した作品であることが多いです。この賞状書士という職業はあまり仕事がないのかなというイメージを持つ人も多いですが、「官公庁」を中心に賞状を作成するということは非常に多く、仕事としての需要が非常に多い職業の一つとして知られています。最近は、こういったスキルが通信教育等でも習得することができるようになっていて、賞状書士講座や、毛筆筆耕技能訓練講座として開講されています。講座では、いわゆる習字のような講座だけではなく、筆耕や、実務、応用といったことまで習得することができるようになっています。賞状1枚の作成で3000円程度の報酬が期待できることから、副業として行っている人も多いということも特徴の一つです。

賞状書士養成講座で学べることを確認する

賞状書士の活躍できる場

結婚してある程度時間ができたから、仕事をはじめようと考えているという人や、手に職をつけたいと考えている女性の中に「賞状書士」という職業を紹介したいと思います。この賞状書士という仕事は思っている以上に賞状書士として活躍できる場というものが多いことが特徴になります。一般的な卒業証書というものもそうですが、官公庁が出す賞状の作成といったものに加えて、一般企業、印刷会社、イベント会社、ホテルといったところからの外注といったものも多く、依頼数という意味では非常に豊富な業種といって間違いありません。また、賞状書士の仕事としては一般的な賞状に加えて、「表書き」や「宛名書き」といった細かな仕事というものも豊富にあります。このことからもわかるように賞状書士の活躍できる場所は多く、知る人ぞ知る稼げる技能として知られています。とはいっても、スキルを習得するためには学校に通ったり、通信教育を受講するということが必要ですから、その点には注意してください。

賞状書士養成講座で学べることを確認する